脇のケアで悩みの多い黒ずみには専用のクリームが役立つ

ウーマン

安定した成分を選ぶ

化粧品

美肌と美白両方に効果的と言われているのがビタミンcです。しかしビタミンcは熱に弱く成分的にも不安定なため、効果を得るには成分の形を変える必要があります。そこで開発されたのがビタミンc誘導体です。これは壊れにくいビタミンcとして人工的に開発されたものになります。そのため成分が安定していて、抗酸化作用や美白効果を肌内部まで届けることができるのが特徴です。ビタミンc誘導体は通常のビタミンcに比べて肌への浸透率が高く、肌内部でビタミンcに変化します。このビタミンc誘導体は水溶性と油溶性両方の性質を持つものがあります。そのため水分と油分をバランスよく配合した美容クリームに用いることで、その高価を効率的に高めることができます。またビタミンc誘導体の別名として商品パッケージに載っているのが、アスコルビン酸やステアリン酸アスコビルなどです。親水性と親油性をもつ両親媒性のビタミンc誘導体にはアスコルビン酸2リン酸6パルミチン酸、通称APPSがあります。ビタミンc誘導体を使った美容クリームや美容液を出しているのは大手ブランド以外に、手頃な価格設定の国内ブランドもあります。美白に興味がある人は探してみると良いでしょう。その際に他にも配合されている成分として、ヒアルロン酸やコラーゲンがあります。これらの成分は肌細胞の生成に使われるので、ビタミンc誘導体と合わさることでより効果を発揮してくれます。またビタミンc誘導体は美白以外にもシワやシミ、たるみといったアンチエイジングとして効果的とされています。